<   2005年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

春 みつけた。。。

足助・猿投温泉にて小さい春を見つけました(05.2.26)

c0050906_1134865.jpgネコヤナギ


c0050906_1145449.jpgフキノトウ
 

c0050906_114175.jpgマンサク


c0050906_1142899.jpgミツマタ


c0050906_1143772.jpg黄スイセン
[PR]
by abc-kei | 2005-02-27 11:13 |

おこしもの

c0050906_1050383.jpg


「足助のおひなさん」を見学にでかけました。
昨年からこの「おこしもの」が気になっていたので,一番小さいパックを買ってきました。

これは尾張地方の雛祭りのお菓子だそうです。

素材はお団子と同じお米の粉ですが、鯛や筍、お雛様などの形をしたかわいいお菓子です。
木型から打ち出してつくるので、おこして作る「おこしもの」、木型に押し付けてかたどるので「おしもの」などの呼び名があるそうです。

焼いて好みの味をつけて。。。c0050906_11135511.jpg
                        土雛
[PR]
by abc-kei | 2005-02-27 10:55 | スウィーツ

ひなまつり

c0050906_13212529.jpg


もうすぐ雛祭りですね♪

昨年作った陶雛も一緒に飾って。。。

花材:桃 アイリス エニシダ ラナンキュラス チューリップ
   スプレーカーネーション ハナムギ ムスカリ 
   タマシダ レモンリーフ ゴット 菜の花

[PR]
by abc-kei | 2005-02-25 13:27 | フラワーアレンジメント

ナチュラルステムブーケ

c0050906_12571679.jpg

花材:
  チューリップ スイトピー スプレーカーネーション
  ムスカンサス マーガレット フリージア
  カスミソウ アネモネ

[PR]
by abc-kei | 2005-02-18 13:01 | フラワーアレンジメント

生ういろう

c0050906_86324.jpg
伊勢・虎屋の生ういろうです。
これは「桜ういろ」

小田原にもういろうがありますが東海地方のういろうも有名です。

ついでに外郎について うんちく。。。

ういろうの語源は、痰(たん)切り・口臭消しなどに効く薬の別名が「外郎」や「外郎薬」で、その薬に色や形がよく似ていたため、菓子も「外郎」と呼ばれるようになったという説と、「外郎薬」の口直しに用いたためという説がある。

薬の名の元になった「外郎」は、本来、律令で定められた定員外の官を意味する中国の官僚の名「員外郎(いんがいろう)」である。

官僚の名が薬の名になったのは、室町時代に元(げん)の礼部員外郎(れいぶいんがいろう)であった陳宗敬が日本に帰化した際、「透頂香」という薬を伝え、陳宗敬の家名を「外郎」と称したため、薬の別名も「外郎」となった。
「外郎」の「外」を「うい」と読むのは唐音。
「外郎餅」は、室町時代に周防山口の秋津治郎作が、現在の製法を考えたとされる。
[PR]
by abc-kei | 2005-02-17 15:57 | スウィーツ

バレンタインデー☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*

c0050906_15503078.jpg


今年のチョコはマシュマロとチョコのケーキ?です。

マシュマロの食感が。。。なんだか不思議です。

ちょっと甘いかな? 左党にはイタリアのお酒・グラッパとチーズで。。。


       ホワイトデーのお返しは期待していませんよ~
c0050906_1641081.gif
[PR]
by abc-kei | 2005-02-14 16:06 | ホームメイド

越前水仙

c0050906_1491947.jpg
今年の水仙は1ヶ月早く,見頃は12月末と聞いていたので,
岬を彩る一面の水仙はあきらめて出掛けましたが。。。やはり悔しい~

それでも雪が残る斜面にはところどころ花が残っていました。




越前岬灯台
c0050906_14301651.jpg


    最盛期にはこの斜面一面に水仙が咲き乱れるそうな。。。
[PR]
by abc-kei | 2005-02-14 14:37 |

越前のお菓子

c0050906_1142969.jpg
この時期,越前は蟹・蟹・蟹・・・!
お菓子にも蟹です。
蟹の味がするのかな?と,おっかなびっくり口にしたら。。。中身は瓦煎餅でしたY  





c0050906_11422570.jpg
生けんけら

福井県で 三百年前より続く名物のお菓子だそうです。
名前の由来は初代藩主が家来達に名物は何かと尋ねた時に出されたのがこのお菓子。
『とてもおいしい賢家来(けんけらい)と名を付けてつかわそう』と言われました。それから。。『けんけら』と言われるようになったとか。
大豆粉を水飴で固めて、薄く伸ばし形に切ったものをひとひねり。

飛騨の駄菓子『げんこつ』よりちょっと甘いかな。
[PR]
by abc-kei | 2005-02-14 11:55 | スウィーツ

雪苺娘(ゆきいちご)

c0050906_1244382.jpg


初めての出会いは,ダンナがスキー骨折で入院している時でした。
お見舞いに来てくれた親戚が2箱も持ってきてくれたのです!

1個でもかなりボリューム満点です。

同室の方々にも配り,家に持ち帰ってお隣さんにもお裾分け。。。やっと売り切りました。

生クリームと苺・スポンジを包む求肥のモッチリした柔らかさが美味しい!

1個ペロッと食べてしまうのですが。。。危険かな??
陶芸の帰りは腹ぺこで,どうしても甘い物に目が行ってしまい。。つい買ってしまいます♪ 

来週は何にしようかな??
[PR]
by abc-kei | 2005-02-10 16:59 | スウィーツ

c0050906_232885.jpg


1月30日に公園で見つけました。枝先にポッと花開いて。。もうすぐ春ですね♪

   
          探梅や枝の先なる梅の花 

                   高野素十
[PR]
by abc-kei | 2005-02-08 23:13 |