カテゴリ:パン教室( 90 )

1dayレッスン キャラクター・パン

今日のレッスンは先生にお願いして実施して頂きました(o^^o)

焼き上がりから見せちゃいましょう!

 
c0050906_18413091.jpg


名前を入れましたが,それなりに見えますか? 

見てくださいね(^^

焼く前の子たちです。
c0050906_18441132.jpg

こちらは一緒に受けたYさん作
c0050906_185031100.jpg

線描きはチョコカスタードです。
焼いてあるのでべとつきません。

赤いのはドレンチェリー 目はカレンズ,キティちゃんとスティッチの鼻は栗の甘露煮(贅沢だ!)
白はアイシングです。
カタツムリの角はポッキー(今日11月11日はポッキーの日だそうです),カタツムリの模様はマヨネーズ


思わず無口になって顔を描いたりしていましたが,かなり真剣な顔をしていたかもしれませんね(^^

焼き上がった子たちは歪んでいたり,くっついちゃったりいろいろでしたが,
何だか食べちゃうのがもったいない~!


でも,
c0050906_18533382.jpg

食べましたけど。。。



焼きたてが一番美味しいんですもの!

そして,今日も。。。。


昨日がケーキのレッスンだったとかで,
柚子茶とピーカンナッツのケーキ
c0050906_18545542.jpg

切るときから柚子の香りが~♪

そして,洋なしのタルト
c0050906_18555850.jpg

これはお土産に頂いて来ました(o^^o)



明日の朝は この子たちをパクッといっちゃいますが,
多分,オット(どっこい)はキティちゃん だと思います。



c0050906_18581643.jpg何を隠そう。。。  机の上にあるペンケースは水色のキティちゃん(自分で選んだんです!)



         隠れキティらー・・・・・・・・そう呼ばれたいそうな
emoticon-0102-bigsmile.gif




人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2009-11-11 19:03 | パン教室

パートⅤ 編みパン 焼成について

HM協会 パン教室のコースレッスンも今日で最終回になりました。

パートⅤはパンの歴史,生地作り,発酵,成型,良いパンの見分け方,PH値。。と パンの工程に沿って順番に学んできましたが,今日は焼成と保存についてです。
これで工程が一通り終わります。
今までのことをしっかりマスターしていれば,美味しいパンが焼けるはず。。?
さぁ どうなるか ですね。

今日はパン生地を成型し,オーブンに入れ,時間を区切ってクラストの色付き,内層の変化,温度を観察する実験をしました。

まずはロールパンを作ります。
先日も習ったばかりだったし,先生の様に素早くはできませんが,それなりに成型が楽になっていました。

1分,2分,3分,5分,7分。。と時間を区切って焼いたパンです。
c0050906_2042476.jpg


生地温60℃,75℃,85℃が大きな変化点です。

60℃でイーストは死滅し,釜伸びが止まり糊化が始まります。
75℃でタンパク質の熱凝固が始まり,気泡がそのまま固定されスダチとなります。
85℃で澱粉はα澱粉化し,グルテンからは水分が奪われ硬いクラストが出来上がって,生地の状態からパンになります。クラストカラーもついてきます。
最終的には99℃まで上がり,ここで余分な水分は適度に飛んで美味しい味と香りが生み出されて来ます。

最初の3分までの生地を食べてみましたが,不味い!(当たり前ですが。。)
イースト臭が強いのです。
歯切れも悪くネチャネチャした食感です。

7分を過ぎるとふんわりしてきますが,まだパン独特の芳香は不十分です。

85℃になってからの焼き込みが美味しいパンを作るポイントだということが解りました。
今日の場合は5分で94℃でしたが,大まか焼成時間の2/3 ほどの時間だそうです。

この様な実験をすることはこれからも無いと思うので,貴重な経験でした。

途中で焼くのを止めたパンも再び焼いてみましたが,
やはりそのままの状態で焼き上がってしまうので,美味しいパンにはなりませんでした。

焼くことで生じる旨みや芳香が美味しいパンの元ですから,焼き時間,温度も大切ですね。


そしてコースレッスンの最後のパンは編みパンです。
c0050906_2031308.jpg

100gの粉で1個分。
50㌢のヒモ状にして2本で編みました。

やってみると思ったより簡単で楽しかったです。
この上にストローシュガーやアーモンドスライスをトッピングしたらプレゼントにも良いかも。。

ロールパンは実験には使わず,最後まで焼き上げた子たちです。
これはお土産です(^^
c0050906_20344318.jpg



コースレッスンを始めた時は,パン生地の状態が解ればいいや! という事だったのですが,
次第にパン作りに引き込まれてしまっていました。
楽しい1年半だったなぁ。
サボりたいなんて思わなかったですもの。(サボれないけど)

いろいろな事が解ってきたのですが,これで終わりというより
解り始めたところなので,これからがスタートと言った感じです。

たくさん焼いて,もっと美味しいパンが焼けるように練習しなくちゃと思っています。



ちなみに明日も1dayクラスです。
婆バカになるためのパンを勉強してきます(^^ 乞うご期待!





人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2009-11-10 20:43 | パン教室

パートⅤ リーブッツ

今日は課題制作と製パン理論と技術です。
課題制作はリーブッツを焼きました。

先生は見ているだけ。。。いつもなら,細かく注意が入るのに。。
 し~ん

こういう状況って,緊張しますね(^_^;)
注意されることに慣れちゃったみたい。

菓子パンの生地に,クリームチーズ,バター,レーズンを合わせたフィリングを巻き込み
カットして焼きます。
トッピングにスライスアーモンド,ストローシュガー,粉砂糖

150gの粉で大小1個ずつです。
c0050906_14173145.jpg


見た目より甘くなく,クリチの酸味が利いていて美味しいパンでした。
これは材料も手に入りやすいし,簡単なのですぐにリピしそうです。


理論は小麦と油脂について。
技術は製造過程をおさらいし,仕上げ発酵の過程を学びました。

仕上げ発酵の過程の中で生じた酸(乳酸,酢酸など)が生地に伸縮性を与え,味も良くするとのこと。
発酵によりパンの容積を80%膨張させるそうです。
過発酵だと,釜落ちし小さく固くなったり,発酵不足だと熟成不足で小さいパンになります。

ここの見極めが難しいですね。
この見極めのポイントは経験していくしか無いのかな?





昨日焼いたパンを提出しました。
項目一つずつチェックしながら 採点 。。。でも,自己採点でした\(^_^)/

しっかり甘~く採点していたら,その用紙は1週間提出ですって! (^_^;)



出したときに焼き色と香りが電気オーブンとは思えないと褒めてもらえて,ニンマリ。

でも,カットしたら,見事にが。。。。

 この穴の原因は 生地の乾燥が多いとのこと。

   乾燥には気をつけて麺棒も素早く掛けたのですが。。。ダメだった。。(T.T)

そうしたら,丸めが悪いことも乾燥の原因になるとのこと。

またもや 丸めが出てきました。


どこにでも顔を出す,丸めクン。
もっと練習しろって事ですね。


 

  


人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2009-10-27 14:44 | パン教室

1dayレッスン ゴマおさつ & 黒ゴマのハースブレッド

今日は大好きなゴマおさつのパン! 今月のレッスン予定を見た時から楽しみにしていました。

秋って言ったら,キノコ,栗,梨,柿に並んでサツマイモは外せませんよね。←σ(^◇^;)だけ?

今日習ったのは
ゴマおさつブレッド と黒ゴマのハースブレッド です。
c0050906_1458912.jpg

どちらもナマコ形の成型です。
今までと違うなまこの成型を学びました。

ゴマおさつは周りにもたっぷりゴマをまぶしてあります。
中のサツマイモは甘く煮てあって,その甘さとゴマの香ばしさが美味しいです。
中力粉なので歯ぎれの良いパンです。

黒ゴマの方はすりゴマと練りゴマが生地に入っています。
すりゴマだけだと色が出にくいのと,ゴマが入ることで生地のつなぎが悪いのですが,練りゴマにすると生地のつなぎが良くなり,外はカリッ中はふっくらしたパンになります。

ちなみに ハースブレッドのハースとは直焼きの意味だそうです。
今回はオーブンのプレートに乗せて焼きましたが,本来はフランスパンの様に窯に直に入れて焼いたパンです。

黒い生地と白い上新粉がクープで縞目になって,美味しそう!
切り口も可愛いです。

試食は黒ゴマの方をサンドイッチに
c0050906_1565270.jpg


生地を分割しているときから,ゴマの香りがプンプンしていましたが,焼くとますます美味しくなりました。
カボチャのポタージュと。。。


でね, ゴマおさつの方は焼きたてのアツアツをさっそくカットして試食したのですが。。。

写真を撮るのを忘れました~ 


家に帰って,ブログupしようとしたら,切り口の写真が無いじゃないですか~
慌てて 写しました。
c0050906_15101223.jpg


教室で食べて,家に戻って写真を撮った後,また食べちゃいました。
これは,止まらないかも。。。。


keiさんは まだ入りますよね~
と,言いながら先生が切り分けて下さったのは林檎のクランブルケーキ
c0050906_15134514.jpg


甘みもほどほどでナチュラルな風味のケーキです。

はい,もちろん 完食!





お腹がいっぱいになって,更新しながら瞼がくっついて来そうです(^_^;)
 





人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2009-10-19 15:21 | パン教室

パートⅤ 成型(プルマン,食パン,ロールパン,1本編み)

今日のテーマは「成型」でした。
麺棒を使った成型と手成型の復習です。

もちろん,一番生地を傷めやすい丸めは毎回チェックされています。

成型し,手数を掛けることで気泡が増え,口溶けの良いパンが出来るか,成型でつぶしてしまうかが大事なポイントです。
食パンでも角食パン(プルマン)と山食パンで成型が異なります。

今まで,何故このような成型をしているんだろう?
食パンの型に丸めた生地を入れれば,四角くなるのに。。。と思っていたのですが,今回でスッキリ解決しました。
麺棒を掛け,三つ折りにし,端から丸めた成型をした食パンと,ただ生地を丸めて型に入れた食パンでは
 気泡(焼き上がると スダチ)の数が変わってくるそうです。
 スダチが多いパンは口溶けが良く美味しいパンになります。

また,丸めただけの成型より腰折れがしにくいパンになります。

ロールパンも手数が多い成型になりますが,同じ配合の生地をまるめたものと比べると
やはりスダチの数が変わり口溶けが良くなります。

成型って,形を作るだけではなかったんですね。

と言うことで,成型の練習に今日焼いたのは
c0050906_214891.jpg

c0050906_21482020.jpg


乳製品が入っているロイヤルブレッドと山食パンを外観,内相を比較しながら試食です。
c0050906_21502518.jpg


乳製品が入ると焼き色が濃くなるのが分かります。
これは乳糖を分解する酵素がパンの製造工程には無いので,残留糖となり焼き色が付きやすくなったり風味が増します。

ロイヤルブレッドは,そのまま食べても美味しいミルク風味のパンでした。
生クリームが入っていますから。。。
山食パンは,小麦粉の香ばしさがよく分かるパンです。

今日は成型の他にガス抜きから成型までの工程のポイントも学びました。

 優しく,素早く,ていねいに

だそうです。
生地を乾かさない,炒めない,濡らさない為にどの様に気を付けたら良いのか。
とくに一番生地を傷めるのは 分割と丸め これをもっと上手に出来なくてはいけないなぁと思いました。

なにせ,先生の動きは早い!
小さい丸めは3秒 (私は6秒かかる) だし,他の成型も手早いのです。
ていねい=時間を掛けることでは無い を肝に銘じておかなくては。。。。(^_^;)


最後に食パンの見方について学びました。
外観,内相の見方です。

そして,次回までに課題が出ました。
各ポイント10点で100点満点の採点がされるとか。。。

さて,及第点が取れるでしょうか?(^^
ちなみに,点数が低くても落第することは無いそうです。
落第して,もう一度パートⅤを習いたいなぁ などと言って笑われました。




人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2009-10-13 22:09 | パン教室

パートⅤ 製パン原材料のPH値

c0050906_21424660.gif中部地域の受講生合同の講義を受けて来ました。
講師は協会母体の会社・社長です。

    なので,パンの写真はありません。

pH値とパン?
あまりピンと来なかったし,化学は苦手だし。。。でもパートⅤのカリキュラムに含まれているので,
やむなく行って来ました。

2日間設定されているのですが,今日の参加者は72名でした。
早めに着いたのに,席はすでに2/3は埋まっていてビックリ!

2時間半の講義で,眠くなっちゃうかなぁ と心配していたのですが,居眠りする人も出ず,みなさん熱心にノートを取っていました。(ワタシも。。)

前半はPH測定器で原材料(水道水,粉,etc)を測りながらの説明です。

ごく簡単にまとめると

  パンは発酵食品である。(発酵とは糖類が分解し,最終的に二酸化炭素とアルコールになること)

  製パンの材料にはそれぞれのPH値があり,
  発酵にふさわしい状態のPH値でないとうまく発酵していかない
  (イーストや酵素の働きやすいPH値がある)
  美味しいパンのPH値は5~6 弱酸性
 
  製造過程で発酵が進むにつれ,炭酸ガスと同時に乳酸,酢酸が発生するため
  パン生地の酸性度が増すが,過不足無い発酵と熟成工程を経た生地は焼成時における水分の蒸発で
  アルカリ度を増す
  
  焼き上がったパンのPH値を調べることでパンの発酵が適切かを知ることが出来る。
    未発酵 PH6以上
    過発酵 PH5以下

  良いPH値を得るためには,良い材料,新鮮な材料を使用することが大切で,
  これで製パンの50%は決まってしまう。


良いパンの見分け方 
スライドを説明しながら,問題点の解説がありました。

 (外観) 適度な大きさ 割れが無いこと 焼き色が良い なめらか
 (内相) クリーム白色で艶がある スダチが均一で細かい 香りが良い 味が良い 

などが挙げられるが,パンを見たときにその問題が何処にあるのかが分かってくる。

 例えば,割れているパンひとつをとっても原因は様々である

  外観はどうか? 大きさは  発酵不足だったら小さい
                    湿度不足  小さく皮が突っ張り生地が傷んでいるところから割れる
  内相は?  スダチの数が少なければ  捏ね不足
          スダチが膜が厚い  生地を傷めた(丸め,成型に問題)
          スダチが不揃い    ガス抜きの不足    

 問題点を見つけ,次の製パンへの課題としていけばより良いパンを作ることができる。


う~ん
今まで焼き上がったら パクって食べちゃっていたけど,
半分に切って,外観や内相を見たり,香りや口溶けをチェックすることも大切なんだなぁ。。。

 もう1回パンを焼いていく課題が出るそうです(^_^;)
 それも,食パンだとか。。。 うっ!
 



 今回の講義を通して,
   美味しいパンを作るためには
    材料の吟味
    捏ねの過程
    発酵過程
    丸め,成型過程などの意味が分かってきました。

    と言っても,技術が伴ってないけど。。。
  そして,最終回では焼成について詳しく学ぶようなので楽しみにしています。


やはり カリキュラムの中に入っているだけの事があるんだなぁと思った今日の講義でした。

パン作りは奥が深く面白いです。
  食べて美味しいし。。。(^^    
c0050906_2150060.gif






人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2009-10-10 21:52 | パン教室

パートⅤ グローンパン,田舎パン

パートⅤに入ってから‘丸め’の大切さが分かってくるにつれ,その難しさにため息をつくことが多くなっているのですが,
今日の製法技術は,その‘丸め’の練習でした。

一次発酵が終わった生地の中を見ると,グルテンが網の目の様に張っているのが分かります。
そのグルテンを傷つけないように,そしてガス抜きによりグルテンが包み込む気泡をより細かく分散させグルテンを強くすることで より弾力性のある生地が出来てくるのです。

今日の練習はより手数を少なくし,生地に負担を掛けないように,
でも,しっかりガス抜きが出来る丸めの方法を再学習しました。

ついつい自己流になっちゃって,丸まっていればイイヤ!って思ってしまうのですが,
良い丸めが出来ているのと,出来ていないのとではパンの出来上がりも違ってくるのことが分かって来たので,先生の手元を真剣に見ながら練習しました。


焼き上がったのはコレです。
c0050906_16545418.jpg

ライ麦はグルテンが出来ないので,(何故かというとグルテンを作る成分のうちのグルテニンが無い)
生地の弾力性は配合でグンと落ちてきます。
強力粉100%の生地,ライ麦粉10%,20%と生地の違いを感じながら,
それぞれの生地に合った丸め方を習いました。

製パン理論では生地作りから発酵までの工程の意味をより細かく学習。
発酵=糖類の分解 遠い昔に習ったアミラーゼ,マルターゼが出てきて,多糖類が最終的にアルコールと二酸化炭素になり,これがパンの好ましい香りや味になる。。。。云々

いつまで頭の中に残っているか分からないけど,一生懸命メモを取るワタシ(o^^o)


試食タイムには焼きたてのブッタークーヘンも登場しました。
これは卒業後に習うセミナーのメニューだそうで,
パートⅤで終わりにしちゃわないで先に進みなさいという宣伝ですね(^^

c0050906_17102856.jpg
 
ふんわりお菓子のような生地と上のアーモンドスライス,トッピングの生クリームが美味しいパンでした。


メンバー4人だったので,たっぷりのお土産を頂いて,我が家の冷凍庫は満杯です。
これでは家で焼く練習が出来ません。

嬉しいような困ったような。。でも嬉しいけど。







人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2009-10-06 17:17 | パン教室

単発レッスン チェルシー ,ナッツ&フリュイ,ソシス

天然酵母を使ったレッスンに行って来ました。

生徒は久々に4名と多く,そのうちのお二人は既に卒業されている方達,そしてもうお一人は一緒にパートⅤを習っている方です。
先輩のお二人はさすがに手慣れて生地の扱いも上手でした。

先輩の経験談などを伺えるのも,単発レッスンならではです。

チェルシー
簡単なデニッシュよ! という先生のお誘いの言葉に,思わず乗ってしまった今回のレッスン。

バターの折り込みが無いデニッシュかなぁ? なんて期待しちゃって


やはり 甘かった~

折り込みありました。
でも,1回少なかったので,やや楽かも(^_^;)

c0050906_20112835.jpg

バターを折り込んだデニッシュ生地に甘いフィリングを折り込み,その上カレンズ(干しぶどう)やシナモン,ナツメグ,ヴェルジョワーズブリュンというベルギーの砂糖を巻き込んであります。
またまたその上に,コーヒーと粉砂糖のグラサージュを塗ってあるので




  甘くて,サクサクで 美味しい~♪

先生の話に依ると,フィリングをいろいろ変えて作るのもお勧めだそうで,かのこ大納言と抹茶とか,ココナッツとパイナップルなど工夫次第で楽しめそうです。

もう少し,気温が下がったら
折り込みは難しい~と,敬遠しないで作ろうと思います(^^


ナッツ&フリュイ,ソシス
これはどちらも中力粉に5%のセモリナ粉が入った生地です。
c0050906_20193695.jpg


お皿にのっているのがナッツ&フリュイ フリュイはフランス語でフルーツです。
その名の通り,オレンジカッツト,ウォールナッツ,プルーン,ピーカンナッツ,クランベリー,セミドライフィグ,
ピスタチオ,ヘーゼルナッツとたっぷり中に包み込んであります。
縦にカットすると ずら~っと並んで豪華です!

こういうパン 大好き!


ソシスはフランス語でソーセージ
一本のパンに二本のソーセージを包み込み,シュレッドチーズをのせて焼いてあります。

中力粉がメインのパンなので,ちょっとハード系なパンです。
これまた美味しくて,お手軽な成型なのでこれは定番になりそうでした。

天然酵母と言っても,パネトーネマザーと同じでインスタント・ドライイーストと同じように使えるので便利です。
発酵時間は掛かりますが,時間があるときに ゆっくりのんびり美味しいパンを作るって心が温かくなりそうです。


美味しくてついつい食べちゃいそうなので,今回のお土産パンは冷凍庫へ行く前に無くなってしまいそうです。





人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2009-09-11 20:37 | パン教室

パートⅤ プチ・クッペ  ブリオッシュ・オランディーズ

9月に入り,コースレッスンが再開しました。

前回は手捏ねでしたが,今回はコスモハートというFPを使った生地作りの見直しです。

FPを使うと,特に夏場は生地温が上がってしまうので要注意です。
粉を冷やしたり,仕込み水温を下げたりしますが,粉を冷やすには冷蔵・冷凍を問わず30分以内が良いそうです。
長すぎると粉が冬眠しちゃうのですって!
でんぷん,蛋白が冬眠すると,発酵が遅れるそうです。

油脂のなかでも,バターは溶けやすいので,リッチ生地の場合は常温にしないで,薄くスライスして冷蔵庫からすぐ出して使った方が良いとのこと。。。
 これは今までやっていなかったので,(._.) φ メモメモでした。

FPでリーンな生地のプチ・クッペとリッチ生地のブリオッシュ・オランディーズの生地作りをしながら,
それぞれ違う注意点を確認しました。

焼き上がったのは

プチ・クッペ
c0050906_16223545.jpg

しっかり焼き色を付けてあります。

強力粉で,配合はなんと!バターロールと同じなんです。
成型と焼き方(スチーム入り)の違いでこんなに食感も風味も違うパンが出来ることに驚きました。


ブリオッシュ・オランディーズ
c0050906_16291082.jpg

オランダ風ブリオッシュですって。何処がオランダ風なのかは分かりません(^_^;)

トッピングは砕いたスライスアーモンド,グラニュー糖,卵白を合わせたもの。
これがカリカリしていて美味しい!

仕込み水に全卵ではなく,卵黄が使われています。
全卵か卵黄かでも風味や歯ごたえが違うんですね。
前回のブリオッシュは全卵でした。

c0050906_16315711.jpg



さて,試食タイムです。

c0050906_16305880.jpg


まだアツアツのパンに具を挟んでガッツリと(o^^o)

もちろん,ブリオッシュの方も食べましたよ~


そして,今日の座学で糖類やパンの見方を習った後に宿題提出です(^_^;)

どんなパンが良いのかを習った後に,出来損ないを出させるなんて!
良い勉強ができるなぁ トホホ

先週土曜日に焼きました。

c0050906_16344869.jpg

まずは外観
先生曰く:
成型は綺麗に出来ました。
もう少し焼き色があった方が良かった。
発酵時間ももう少し多めに。

半分に切って,
内相の色,スダチを見ます。

ほぼOKでした!
そして,しいて言えば,丸め方がもっと良いとスダチが均一に出来るとのこと。

焼いてカットしたパンで‘丸め’の問題点が出ちゃうなんて~

丸めって本当に大事なのですね!

次回は丸めをもっと詳しく習うそうです。
ただ今,丸めスランプになりかかっています。
気にし始めるとなかなか上手くできていないことが分かったのです(T.T)

たかが丸め,されど丸め







人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2009-09-08 16:44 | パン教室

1dayレッスン ピタパン,Mt.アーモンドミルキー

今日のレッスンも楽しみにしていたメニューです。

ポケットの様に具を挟んで食べられるピタパン,今日は胚芽入りです。
なんで,あんな風にプクーッっと膨らんで中が空洞になるのかなぁと思っていました。
このパンの歴史は古く数千年に遡るらしいです。中東のパンだそうです。


焼くのは3分ほど

ほら焼き上がりはこんな感じでプクーっと膨らんでいます。
c0050906_16232488.jpg


膨らませるためには,均一に伸ばし,高温で焼くこと。
そして,焼く時に下になる面を上にして発酵させること。
焼くときに上になった面は湿度があり,伸びやすく,下になった面は上より乾燥しているので
その上下の乾燥の差で膨らむらしいです。

これを冷まして半分にカットすれば,可愛いポケットの出来上がり♪

今日は,タンドリーチキンを焼いて挟みました(^^
まさに中東のお味♪
c0050906_16344081.jpg

焼き上がったピタに具を挟み,お皿に並べてカメラを構えていたら,

先生が,「裏を撮していますね」と
慌てて,手前をひっくり返しました。

焼き目が有る方が裏です。


ピタはあまり味が無いパンなのでタンドリーチキンの様な個性的な具にピッタリです。


もう一つ習ったのはMt.アーモンドミルキー
ミルキーもアーモンドも好きなので,とても気になっていたパンでした。

100gで1個ですから,かなりボリュームがあります。

生キャラメルと同じように作ったフィリングを巻き込んで焼いてあります。
アーモンドスライスも入っているので,ミルク&アーモンドの風味がたまりません。

c0050906_16421668.jpg


柔らかい生地ですが,四角に麺棒で伸ばす方法では無く,簡単な成型で出来るので扱い易かったです。

粉糖の雪を降らせました。



お楽しみの試食タイムです♪
c0050906_16445013.jpg


今日は初参加の方もいらっしゃって,この豪華な試食タイムに感激されていました。
年次休暇を取って来た甲斐がありましたね(^^

まずはピタをガブッと囓りました。

冷たいコーンポタージュも美味しかったです。

そしてそして,昨夜は9時に帰宅された後に焼いてくださったのがアプリコット・トルテ
ホイップした生クリームやメレンゲが入ったバターケーキなので,しっとりしてバターケーキより軽い感じのケーキでした。
c0050906_1651123.jpg


ピタを2個も食べちゃって,Mt.アーモンドミルキーも1/3食べちゃった後だったのに,
このケーキも完食しちゃいました(^_^;)


ごちそうさまでした! 


焼け石に水ですけど,帰りのバスはバス停一つ先で乗り,一つ手前で降りて歩きました。
だったら全部歩けばって 言われそうですけど,
今日の名古屋も暑かったんです(^_^;)


タンドリーミックスというスパイスも分けて頂いたので
さっそく,今宵はチキンを焼いて挟んで夕飯にしちゃいます(^^

スープはカボチャの冷製スープ, 温野菜,必須アイテムのお豆腐で完了!






人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2009-08-05 17:01 | パン教室