カテゴリ:パン教室( 90 )

セミナー No12 バタートップ 他

今年 初のパン教室でした。

今日はと~っても楽チン♪ 何故なら荷物がちょっと軽かったのです^^
その訳は 後ほど


今日習ったのは
バタートップ ブレッド
ラウゲンブロート
バナナブレッド
です。
c0050906_232614.jpg


バタートップブレッドはその名の通り、クープを入れた後にバターを乗せて焼いたもの。
溶けたバターが生地に浸み込んで美味しいパンです。
この生地は仕込み水に全卵と練乳が入っていて、しっとりふんわりしています。
c0050906_2351797.jpg


クープがパカッと割れて美味しそう!

バナナブレッドはFPでこねてしまう簡単レシピです。
c0050906_2391043.jpg

強力粉なので、マフィンよりどっしりした感じでした。
かすかにバナナの香りがします。
粉に対してバナナは50%なので、バナナ好きの私としては、もっとバナナを入れたいと思いました。
何%まで増やせるかな?^^

ラウゲンブロートはドイツのパンです。
Laugenとは‘アルカリ溶液’の意味。
c0050906_23275354.jpg

本来は苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)を用いるのですが、危険性もあるので重曹溶液で代用です。
そのためちょっと焼き色が薄いですね。

初めてリンデのプレッツェルを食べたとき、カリカリっとした食感と茶色の外見に驚いたものです。

今回のパンもカリカリとしています。
わたし的にはクリームチーズを付けて食べたいな^^




さて、最初に今回のパン教室は楽チンと書いた理由はお分かりでしょうか?


今までは一眼デジカメを持って行っていたので、教室の帰りはテキスト、エプロン等のほかにお土産パン、購入した粉類にカメラの重さが加わり、他に夕飯の買い物もあるので大荷物だったのです。

でも、クリスマス・プレゼントにコンパクト・デジカメを貰ったので今回はそれを持って行きました。

デジイチと比べると、ちょっと奥行きの無い画像の様な気がしますが。。。腕が悪いからかな(^▽^;)
記録のためで芸術性は追及していないので、(出来るほど技術も知識もないけど)
今後もパン教室にはコンデジをお供にすることにします。




人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2011-01-08 23:36 | パン教室

プラリネ・ノア と アップルシュトゥルーデル

パン教室のクリスマスメニューを受けてきました。

舌を噛みそうな名前のパン(お菓子)です。

プラリネ・ノア
c0050906_2163924.jpg

デニッシュと同じ様にバターを折りこんだ生地にアプリコット・ジャム プラリネクリーム、クルミを巻き込み
ココア風味のマカロン生地をトッピングして焼いてあります。

プラリネアマンドのクリームの香りとクルミの食感がと~っても美味しくて、ついついもう一切れって手が出てしまい危険度が高いパンです。

折りこみ生地が苦手なので、このメニューを受けようか迷った挙句に参加したのですが、
参加して良かったです^^
時間があり、ケンタが留守の時にゆったり復習したいパンです。



アップルシュトゥルーデル
c0050906_21241929.jpg

シュトゥルーデルというのは極薄く伸ばした生地に果物などのフィリングを幾重にも巻き込んで焼いたウイーンの伝統菓子です。

薄く伸ばすって、どのくらい?
62.5gの粉を練った生地を40X45センチに伸ばすと、下に敷いたペストリーボードが透けて見えます。
紙のように薄い、紙と言うより 湯葉を想像したほうがピッタリです。

その透けるくらい薄い生地にたっぷりのフィリングを巻き、馬蹄形に成型して焼きました。
フィリングはアップルプレザーブ、ケーキクラム、クルミ、ラム酒漬けレーズンなどです。

焼きたては、薄い生地がパリパリしてパイの様。
美味しいお菓子でした。
カットするとこんな感じです。
c0050906_21245421.jpg


3人で1本作ったのですが、3人の息が合って綺麗に出来ました^^
お土産も1/3なので、ちょっと寂しいけど。。


c0050906_212723.jpg今回はこの2種のほかにFPを使ったアイスクリームも教えて頂きました。
さっぱりして、懐かしい味のアイスです。

横浜の‘馬車道アイス’の感じです。
これは簡単なので、すぐ作れそうです^^








人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2010-12-14 21:29 | パン教室

プレゼント・シューズとクグロフ

HM協会のクリスマス・メニューを習ってきました。

プレゼントシューズは2年前から習いたくて、なかなかチャンスが無かったので念願かないました。

今回のお土産です。
c0050906_21305058.jpg

プレゼントシューズは生地を40x20センチに伸ばし、型紙を当てててカットし組み立てていきます。
同じ材料と型紙を使っているのに、作る人の個性が出るのでしょうか?
c0050906_2135967.jpg


私ので~す^^
c0050906_21361797.jpg

大写しにするとアラが丸見えですね(^▽^;)

みなさん、真剣な表情で組み立てていました。
私もその一人だったようで、セミナーでお世話になっている先生が教室に入って来られた時に、
そう言われました。
普段のセミナーではおしゃべりしながら作っているのにね^^



クグロフはFPに材料を順番に入れていくだけなので、混ぜ方のポイントさえ気をつければ出来そうです。
c0050906_2139177.jpg

マリーアントワネットが愛したお菓子。
ラム酒漬けのドライフルーツがたくさん入っているのですが、我が家ではケンタが一番たくさん食べました。

お土産用のは小さい型で、200gの粉で2個です。

すぐにでも復習したいけど、この時期は危険なので我慢しよう!
でも、買った型も使いたいし。。。。

ケンタの口癖じゃないけど、 ‘困ったなぁ'  です。





人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2010-12-08 21:51 | パン教室

セミナーNo18 デニッシュ・ペストリー他

今回は2種類習ってきました。
c0050906_022989.jpg


デニッシュはちょっと苦手な折込生地です。
食べるのは 大好きなんですけど。。バターを折りこんで均一に伸ばすのが難しく、ついつい家でも手を出しません。
3月に横浜に戻ってから、まだ家では焼いていません。
焼きたてが一番美味しいのに。。。。

デニッシュってデンマーク風という意味だったんですね。
ペストリーは焼き菓子。
酪農が盛んなデンマークの代表的な菓子パンです。ちなみにデンマークの首都コペンハーゲンではヴィエナブロート(ウィーンのパン)と呼ばれているそうです。
デニッシュペストリーはアメリカの呼び名。日本へはアメリカから伝わったので、この呼び名が一般的となりました。

こちらは油脂が多いヨーロッパタイプです。
c0050906_073781.jpg

生地の中に8%、そして折込に80%のバターが入っています。
300g粉に対し264g!

わぉ!高カロリー!
でも、サックサクで美味しいんですよね~

こちらは糖分が多いアメリカタイプです。
c0050906_0112057.jpg
 
粉に対し20%の砂糖が入っています。ですから生地の上がりが少なくなります。
ヨーロッパタイプよりしっとりしていました。

こちらの油脂は生地の中に20%、折込に40%ですから、300gの粉に対し180gです。

どちらも成型は ソンブレロの形です。
ちょっとソンブレロって感じはしませんが。。。


もう一つのメニューはロシア風ティーブレッド
クグロフ型です。
c0050906_0183868.jpg

こちらは発酵無しで、BPを使い、生地もFPで簡単に出来ます。
材料を順番に入れていくだけ♪

型が可愛いので、豪華に見えますね。


以前から欲しかったクグロフ型。
今回習ったし、クリスマスメニューでも習うので。。。買ってしまいました^^

買ったからには使わないといけませんね。





人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2010-12-04 00:23 | パン教室

セミナー No3 ハワイのパン他

今回のパンは成型が面白そうだったので期待して出掛けました。
習ったのは
c0050906_2115049.jpg


パイナップルブレッド、ハイガロール、プルーンサンドです。
ハワイのパンと表題にしたのは、もちろんパイナップルブレッド
缶詰のパイナップルとココナッツを巻き込んであります。
300gの粉で3個。
山が幾つも分かれているのは、フィリングを巻き込んで棒状にした生地を2本に切り、
さらに5個に切ったものを型に入れているからなんです。
濃い目のアイシングでお化粧^^

このパン、ハワイに売っているのかな?^^

ハイガロール
から炒りした小麦胚芽が10%入っています。
胚芽は食物繊維やビタミンE(老化防止作用)が豊富です。
老化防止とかアンチエイジングなんていう言葉に弱いので、しっかり食べたいパンです^^

さっそく胚芽を買って来ました。

この成型は面白かったです。
生地を三角に伸ばして巻き込んでいくのですが、斜辺を外側に折り込むことで模様が出来ます。
丸めた生地を三角に成型する方法も復習しなくちゃ!


プルーンサンド
プルーンが40%入った生地、その上、薄力粉も30%なので柔らか~い!

300gの粉で18個出来ます。
四角く伸ばした生地を18等分にカットするのですが、生地が柔らかいので麺棒掛けで苦戦しました。

プルーンがうっすら甘くて、おやつにピッタリです。


セミナーは月1回なのですが、師範科を卒業した際にNo1からでは無く、4からのクラスに編入したり、
転居で教室が変わったため、進度が違ってしまったので穴を埋めるために受けるクラスを増やしていました。
1~3が終わったので、今月でこのクラスのメンバーさんとはお別れです。
楽しい方が多くて賑やかなクラスでした。
2月からは本来の月1のペースになります。
それも、ちょっと寂しいかな。





人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2010-11-19 21:27 | パン教室

セミナーNo11 ヌスブロート他 

今回のパンも美味しいパンでした。
でも、名前が覚えにくい。。。(TωT)

ヌスブロート
c0050906_2055827.jpg


‘ヌス'はクルミの意味です。
スイスの代表的なパンで、胡桃の他にミックスフルーツが入り、ふんわりと柔らかい生地でした。

メレンゲにアーモンドプードルを加えたトッピングの上にたっぷりの粉糖がサクサク美味しいひび割れを起こします。
思ったより甘ったるくなく、軽い感じなのであっという間に1個食べてしまいました。

ウォールナッツブレッド
その名の通り、クルミが入っています。
ヌスだったり、ウォールナッツだったり呼び名は違いますが、クルミです^^
c0050906_211938.jpg

こちらは、炒めた玉ねぎが入っていて、お食事向きのパンです。
300gの粉で2個。

以前も炒めた玉ねぎを入れたオニオンボールを習いましたが、こちらはクルミの食感が美味しいかったです。


パン・ド・メナージュ
ベルギーのパンで、‘手作り'という意味だそうです。
フランス風の硬焼きパン。
c0050906_2155890.jpg

パヌトンに入れて発酵させます。(発酵かごに麻袋をかぶせて、籠の模様をつけないようにしたもの)
クープは上に井形と横に一周はいっています。
300gで一個ですから、大型パンです、
強力粉100%で、外はカリッ中はふっくらしていて これもさっそく焼きたいなと思いました。
でも麻袋が無い! 


今回は細かい成型もなく、普段より短い時間で焼きあがりました。
細かい成型は苦手なのに、ちょっと物足りない感じがしたのは、セミナーに慣れて来たからかもしれません。




人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2010-11-17 20:51 | パン教室

セミナー No17 フランス、ユダヤのパン他

今回のパンはお食事パンばかりで甘いパンはありませんでした。

日頃は甘いパンよりお食事パンを焼くことが多いので参考になりました。
甘いパンも好き!な私としては、ちょっぴり寂しい気もしますけど。。^^

習ったのは
c0050906_22563337.jpg

パン・ド・ボーヌ 
フランス・ブルゴーニュ地方の都市ボーヌで作られているパンだそうです。
生クリームを加えて日持ちするパンです。
c0050906_22595848.jpg

クープの入れ方が面白いですね。

ミルクの風味が美味しいパンでした。

ワンローフの成型は麺棒の当て方の問題が出てしまうので、特に気を使います。

ハーラ
ユダヤのパンで宗教的な意味を持つ伝統のあるパンです。
c0050906_2324569.jpg

卵以外は動物性の材料を用いないのが正式とか。

油脂にピーナッツオイルを用いているので、ほのかにピーナッツの香りがします。
トッピングのキャラウェイ・シードはピーナッツオイルと相性が良かったです。

バタークッペ
c0050906_2374573.jpg

全粒粉が10%入ったパンです。 クープの上にバターを乗せて焼いてあり、焼成後も溶かしバターを塗ってあるので、バターの香りが美味しい!

これは早速焼こう!と思ったら、モルトを切らしていました。
教室で買おうとしたら、欠品だそうで。。。(T△T) 出鼻をくじかれちゃったな。

モルト無しで焼いてみようかな?^^




人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2010-10-29 23:12 | パン教室

セミナー No2 アメリカのパン 他

今回のセミナーは4種類のパンを習って来ました。

c0050906_19584577.jpg


ハニーキングスライン
c0050906_2004711.jpg

アメリカの蜂蜜入りのパン。砂糖は使わず蜂蜜のみの甘みです。
3本ならべた上にカスタードをたっぷり絞ってあるので、ちょっと甘くてふっくらして美味しかったです。

300gで2個分なので、ちょっと大きいパンです。

巻き方で発酵のときに差が出てきました。
私の巻き方は緩めだったようで、ボリューム感たっぷりとなりました。

本来はもう少しスマートなようです。

クリームパン
c0050906_2043257.jpg

300gの粉で15個のサイズなので、小さいクリームパンです。

なかなか成型が難しく、クリームが飛び出ちゃった子がいくつかありました。
薄力粉30%のふんわり歯切れが良い生地です。
手作りのカスタードが美味しい!
買ったクリームパンとはひと味もふた味も違います。

プチパン
c0050906_207889.jpg

中にカットしたプロセスチーズが入っていて、粉チーズをトッピングしてあります。
成型も簡単だったし、朝食ピッタリ! これも300gで15個の小さいサイズで食べやすいです。

レーズンパン
c0050906_20112659.jpg


レーズンが粉の30%なので、たっぷりです。
カットの仕方で、大きい口になったりおちょぼ口になったり。。。。

私はこういう時は思いっきりハサミを入れるので大きな口が開きます。
これって??^^


今回のパンは気軽に焼けるパンなので、早く復習しなくては。。。♪




人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2010-10-25 20:17 | パン教室

セミナー No10 ホイゲル カイゼルオートブレッド

今回は珍しく2種類でした。

c0050906_20283386.jpg

ドイツのパンです。
オートミル入りの王冠をかたどったパンです。
1個で150gの粉を使っています。

しっとりして柔らかいパンでした。

オートミルって我が家では全く登場しない食材ですが、コレステロール値を下げる効果があり、栄養価も高いそうです。
スープに入れても美味しいそうなので、取り入れてみようかな?と思いました。

c0050906_2033986.jpg

オーストリアのパンで、‘弓なり'という意味だそうです。
中に、ウォールナッツ、ケーキクラム、シナモン、バター、牛乳、砂糖を混ぜ合わせ、ラム酒で風味をつけたフィリングが入っていて甘いお菓子のようなパンです。
ショートニングが20%使われているので、サクサクとしていて美味しい!

焼き色が濃いのは照玉を2回塗ってあるからなのです。

復習したいけど、ケーキクラムを作るためにはスポンジを焼かなくてはいけないので、すぐに作れそうもありません。

食べたいので、スポンジを焼こうかなぁ。。と思うほど美味しかったです。

c0050906_20394667.jpg

お土産もたっぷりで嬉しい!




人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2010-10-11 20:41 | パン教室

セミナー No16 オーストリアのパン

パンで世界めぐりをしています。
今回はオーストリアのパン2種とスチームケーキ(蒸しパン)です。

以前、習った蒸しパンより、油脂が多い配合なので、ケーキという名前が付くようです。
優しい素朴な甘さのお菓子です。
c0050906_221243.jpg


秋なので菊の焼印を押して(ちょっと和風ですけど)。。。 焼印があるとグッと印象が変わってきます。

皆さん、焼印が欲しくなったようです。
先生はご自分の名前の焼印をお持ちだとか。。思わずネットで調べちゃいました。

カイザーゼンメルはちょっとハード系のパンです。
c0050906_222565.jpg

今回はパン屋さんなどで使われているビックセブンという、生地改良剤を入れたものと入れないもの2種を焼きました。
入れると、パンのボリュームも増し、作業工程、単価も低く抑えられ、老化も遅らせることが出来るそうです。

でも、この添加物はちょっと変な匂いがします。
家庭で食べるパンにはこういう添加物は使いたくないですね。

お店で売っているパンはなかなか老化しないのに、自分で焼くパンは老化しやすいのは、
作り方が悪い為なのかと思ってしまいましたが、それだけでは無かったようです。


このパンはスライスして具を挟んで食べたくなります。
さっそく翌朝はそうやっていただきました。
添加物入りは、2,3日置いて食べ比べてみます。

クレセントロールは油を塗って薄く、薄く延ばして成型してあるので、軽くパリパリしています。
c0050906_2210389.jpg

ケシの実とキャラウェイシードをトッピング
焼きたてがとっても美味しかったです。


種類も多いのでお土産もたくさん!
c0050906_22115596.jpg


今は粉の特売もやっているので、お土産、一眼レンズのカメラ、エプロン、それに傘!
大きな荷物になってしまいます。
大きな地下街やデパートのある街まで通っているのに、寄り道も出来ずまっすぐに帰ります。



人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2010-09-30 22:20 | パン教室