<< 12月のウエディング キャスケード・ブーケ >>

やっと膨らんだカルメ焼き♪

ミクさんのモクモク膨らんで・・・(@^▽^@)にTB

ミクさんのブログでカルメ焼きを作った事を読んでから,私も作りたくなりました。

カルメ焼きには思い出があるんです。
お墓参りに出掛けると,必ず近くの公園にカルメ焼きの屋台が出ていました。
目の前でザラメが溶けて,プクーッと膨らんでいくのが面白く,飽きずに眺めたものです。
必ず1個買ってもらい帰ってきたので,お墓参り=カルメ焼きが出来上がってしまいました。
何度も見ているので,それを思い出して。。。
ザラメを溶かして重曹を入れればいいのよね♪ かるいノリでやってみたものの。。。

小さいお玉からは溶けて飴状になった砂糖がこぼれるわ
膨らまず,お玉には飴がこびりつくわ

惨憺たる結果になりました~(T.T)

その後ちょっとめげてしまったのと,忙しかったこともあって再挑戦を見送っていました。

本日リベンジの結果は








c0050906_1593794.jpg膨らみましたぞ~ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

膨らんでいく瞬間がたまりませんね~






甘くて出来上がっても食べられないのですが。。。。
ちょこっとずつかじっていきましょう!

結局2個で作るのを止めました。


ネットで調べ試行錯誤した作り方を紹介します。

コツは溶かして煮詰めた時の温度(125度),と重曹を入れるタイミングですY


【材料】
ザラメ(砂糖でも良いそうです) 溶かすことを考えると砂糖の方が楽かな?
重曹
卵白 小さじ1パイ分ぐらい
砂糖少々

温度が大切なので200度まで計れる温度計があると,失敗しません。
かき混ぜる箸に輪ゴムで止めて計りました。

【作り方など】
①重曹の下準備
 卵白に重曹を加え固めになる程度まで加えて練る。
 そこへ砂糖をほんの少し加えるとクリーム状になります。
②お玉(普通のお玉は浅いので,私は中華料理用のお玉にしました)にザラメを1/2強程度入れ,水を入れます。
水はひたひたぐらい。
c0050906_15204765.jpg火に掛けて焦がさないように砂糖をかき回せながら溶かします。
c0050906_15235936.jpgだんだん煮詰まって泡が出てきます。
110度を超えると,水は蒸発し温度が上がっていきます。
焦がさないようにお玉を持ち上げながら煮詰めます。

c0050906_15321096.jpg125度になったら,火から下ろし,新聞紙などを敷いた上に乗せます。

⑤さぁ ここからがお楽しみ♪
底から泡が出なくなるまで待ちます。20~30秒ぐらいかな。

遅すぎてもダメ,早すぎてもダメ!
泡が収まった時に,箸の先に小豆大の練った重曹を付けて,かき回します。

白く濁ってきますよ~ ぐるぐるぐる~

かき回していると,重くなって膨らんできたら大成功!
中央からそっと箸を抜きます。

         なんせ独りでやっていたので写真が撮れません。

プクーッっと膨らんだら,再び弱火にかけ,底を軽く溶かして,カルメ焼きが左右に動いたら,そっとクッキングペーパーの上に載せて外します。
熱いので注意しましょう!

乱暴に外すと壊れますよ~(経験者です)
はい 出来上がり~♪


もう一つ経験上のアドバイスです。
失敗すると飴状になってくっつくので後始末が大変です。
隣のお鍋にお湯を沸かしておきましょう!
熱湯にいれれば,飴状に失敗してもすぐ溶けて片付けも楽です。

  ホント,1回目は泣きたくなりました~

膨らむときが楽しいのでお試し下さい。



人気blogランキング参加中です♪ 
  甘いものが好きな方ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2006-12-09 15:46 | ホームメイド
<< 12月のウエディング キャスケード・ブーケ >>