<< 苺サンタの生チョコケーキ♪ 58年ぶりの大雪! >>

大学芋

c0050906_9164927.jpgサツマイモはどの様に食べても美味しいけれど、大学芋も簡単で満足感あるおやつですね♪

子供の頃は、今の様にスーパーでは売っておらず、氷屋さんで売っていました。
買って帰る途中で、容器の中の蜜が外に出てきて、ベトベトになってしまったものです。

まわりがちょっとカラッとしていて、中がホックリ。。作りたてが最高です。

そんな「大学芋」のイメージを変えてしまったのが、「らぽっぽ」のスティック・ポテトです。
冷たく冷やされて売っています。
スライス・アーモンドの香ばしさがマッチして。。。美味♪
まだ名古屋にはお店が無いようなので、ちょっと残念です。

ところで。。何故「大学」が付くの?
ずっと疑問に思っていたので、この際、調べてみました。

関東大震災の後、東京大学の学生が浅草で売り出したという説
昭和の初め頃に、商品に「大学ノート」など「大学」をつけるのが流行り、「大学芋」といわれるようになったという説
いろいろ説があるそうです。
大学が一つのステータス・シンボルだった頃のお話ですね。

でも、これを生み出した方のアイディアに拍手!です。



人気blogランキング参加中です♪ ワンクリックで投票宜しくお願いしますm(_ _)m

[PR]
by abc-kei | 2005-12-22 09:33 | ホームメイド
<< 苺サンタの生チョコケーキ♪ 58年ぶりの大雪! >>