<< 自家製パン 24~26 。.。:+* ゚ ゜゚  春よ... >>

セミナー No21 ポーニュ・ド・バロンス 他

11日の地震以来初めてパン教室へ行って来ました。

近くのボウリング場の天井が崩落したり、地割れがあるところもあり、未だに営業できていない大手スーパーもあるとのことでした。
幸い教室には被害が無く、計画停電も除外地域になるのか一度もないとのことで、予定通り講習を受けられました。

習ったのは
c0050906_23202482.jpg


ポーニュ・ド・バロンス
フランスのバロンスという町のパンうです。
ポーニュは‘拳で砕く’という意味があるそうで、本来は600~900gほどの生地の真ん中に拳で穴を開けて成型しているそうで、そこからの命名です。
今回のパンは小さく、300gで3個なので、丸めた生地の真ん中に指を入れ、くるくる廻し、穴が開いたら握りながらガス抜きをするという面白い成型でした。
卵、バターがたっぷりのリッチな生地でふんわり甘く美味しいです。

ミルビブロート
オーストリアのハイリッチなパンで中にラム酒漬けのレーズンが入っています。
その名の通り、ミルクで練った生地のパンです。
今まで、何種類かのレーズン入りのパンを習いましたが、この生地が一番リッチです。

焼きたてはふわふわでミルクの香りがして美味しかったです。


カーニバル
ヨーロッパで謝肉祭のパレードの際に作られるパンです。
薄力粉40%でお煎餅のようにパリパリしています。

様々な顔で面白い  と言うか、怖い!^^
c0050906_23334430.jpg


お化けみたい♪ とケンタは喜んでいましたが、
甘くなかったので、お気に召さなかったようです^^





人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 


こちらも宜しくお願い致します。

[PR]
by abc-kei | 2011-03-23 23:38 | パン教室
<< 自家製パン 24~26 。.。:+* ゚ ゜゚  春よ... >>