<< セミナー No10 ホイゲル ... シンプル・カンパーニュ >>

チーズとドライトマトのデュラム・レッコ(の つもり)

昨日から次女が来ていたので、今日は一緒にパンを焼きました。

雑誌 giorniに載っていたレシピで、気になっていたパンです。
c0050906_0215963.jpg


フォカチャの生地に具を加えたデュラム・レッコはイタリア北部のコモ湖近くのレッコという地のパンだそうです。


パン作りに慣れていない次女にとっては、中力粉の柔らかい生地に麺棒をかけるのは難しかったようです。
掛け過ぎると生地が傷んで麺棒にくっついてくるし。。。
レシピの大きさには伸ばせず、少し小さめで妥協し具を挟み成型しました。

見かけはいまひとつですが、
デュラム・セモリナ粉入りの生地で、外側がパリッとしていますが、弾力性のある美味しいパンでした。

ワインに合うね~と紅茶を飲みながら試食しました。



今日は34回目の結婚記念日でした。
c0050906_0464447.jpg


昨日からお泊りでサッカー観戦に出掛けていたケンタが夜帰ってきて、テーブルの花に気がつき

  おあ(は)なだ~

  グランパ・ジィジがどうぞってくれたのよ 

  や(わ)~い や(わ)~い  グランパ・ジィジ あんと!  と言って喜んでいました。

あら、ケンタも花が飾ってあると嬉しいのですね^^







【配合・作り方】
 生地:
 中力粉 80% デュラム・セモリナ粉20%
 ドライイースト 2% オリーブ油 5% 塩 2% 仕込み水 60%

 フィリング:ドライトマト(水にもどして細かく刻んでおく) 13%  
        シュレッドチーズ 50%(ちょっと多かったので、減らしても良いかも)

 生クリーム オリーブオイル  粉チーズ 適宜

生地をこね、一時発酵 30℃30分、150gの粉で2分割しまるめベンチタイム15分
麺棒で15X20センチに伸ばし、刷毛でオリーブ油を塗り、チーズ、ドライトマトをのせ、もう1枚の生地を重ねてはさみなじませる。

スケッパーで2センチのスティック状と三角形に切り、三角の方にはフォークで穴を開ける。
仕上げ発酵 40℃ 20分ほど。
刷毛で生クリームを塗り、スティックの方に粉チーズを振り焼成 200℃ 10分~15分



人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2010-10-11 00:54 | ホームメイド
<< セミナー No10 ホイゲル ... シンプル・カンパーニュ >>