<< パートⅡ サバラン ナッツロール I ❤ Roll cake! >>

プルマンときな粉のフィセル

パンに具をはさんで食べたいというオーダーがあったので、プルマンを、
そして、これも以前から気になっていた『少しのイーストで。。』のレシピからきな粉のフィセルを焼きました。
c0050906_2026224.jpg


プルマンは焼き上がったときに角に少し丸みがあり、ホワイトラインが有ると良いと習いました。
でも、発酵時間とオーブン余熱の時間が上手く合わず、角がとがってしまいがちでした。

焼き上がって、恐るおそる型の蓋を開けると
c0050906_2029125.jpg

角が丸いじゃあありませんか!003.gif

どうってことないのです。
ちょっと早めにオーブンの余熱をしておいて、発酵がちょうど良くなるまで待たせておいただけです。
ガスのオーブンの余熱はアッという間ですが、電気の場合は十数分掛かってしまいます。


上手く焼けて嬉し~い!


まさか、中に大きな空洞が出来てはいないでしょうね??
明日、カットするまでのお楽しみです。

c0050906_20333311.jpg

きな粉のフィセルは準強力粉200gに50gのきな粉が入っています。
本を買ったときから、美味しそう!と思っていました。
ちなみに本のフィセルはもっとスマートです。
フィセルって「ひも」という意味だそうですから。。。
この写真の場合のフィセルは肥セルです。

今日は早めに発酵させたかったので、レシピのイースト小さじ1/4を小さじ1/2にしてみました。
粉の1%です。

レシピの水分量ではまとまりが悪かったので、ちょっと水分は多めにしました。

オーバーナイト発酵のところを2時間40分に短縮です。

焼いているとき、きな粉の香ばしい香り♪

でも、予想していた程、きな粉の美味しさが出ていませんでした。
これはこれで、美味しいのですが、揚げパンにきな粉をかけた方が私の好みかも。。。
やはり、きな粉はおはぎの方がお似合いかもしれません。

あんこはパンに良く合うのにね。

冷凍庫の餡が無くなったので、そろそろあんこを煮なくては。
外もだいぶ気温が下がるようになったので、あんこ作りにはもってこいの季節です。

あれれ、いつの間にかあんこの話題になってしまいました。
そう! 餡トーストにしようと企んでいるのです。

あ~ 名古屋の餡子文化に染まっている~003.gif





人気blogランキング参加中です♪ 
    ポチッとお願いしま~す
c0050906_14353431.gif
 
[PR]
by abc-kei | 2008-11-08 20:52 | ホームメイド
<< パートⅡ サバラン ナッツロール I ❤ Roll cake! >>